行き着く先はあんこ

0SIM by So-netを使ってみて分かったメリットとデメリット

0SIM by So-netのSIMカード

2015年12月25日、499MBまでの高速通信がずーっと無料である0SIM by So-net(コラボSIM)が付いてくるデジモノステーション2016年2月号が発売されました。

そして2016年1月26日にSo-netから同様の「0SIM」が正式にサービス開始をしました。

自分はデジモノステーションの雑誌を手に入れることができたので約1ヶ月間0SIMを使ってきました。それによって分かったことを今回まとめます。

スポンサーリンク

0SIMのここがスゴイ

0円運用が可能

0SIMの最大のポイントはやはり0円で維持できることです。ユニバーサルサービス料もかかりません。

このSIMをメインにしている人はおそらくいないと思いますが、いざという時のサブSIMにはとても優れています。

So-netの0SIM料金表

500MBを超えても料金は100MB通信すると100円が追加される馬鹿みたいに高くない従量制であるのもポイントです。気づかない間に大量通信しても最大1,600円までしか請求されません。なお5GBを超えた場合は通信速度に制限がかかります。

月額通信量月額料金(税抜)
0~499MB0円
500~599MB100円
600~699MB200円
700~799MB300円
800~899MB400円
900~999MB500円
1,000~1,099MB600円
1,100~1,199MB700円
1,200~1,299MB800円
1,300~1,399MB900円
1,400~1,499MB1,000円
1,500~1,599MB1,100円
1,600~1,699MB1,200円
1,700~1,799MB1,300円
1,800~1,899MB1,400円
1,900~2,047MB1,500円
2,048MB~1,600円

SMS・電話番号の維持費が安い

0SIMにはSMS付き、通話付きのプランもあります。SMS付きプランだと150円、通話付きプランだと700円をデータ専用プランの料金(上記の表)に追加した値段で使えます。

つまりSMSの最低維持費は150円、電話番号の最低維持費は700円です。これは格安SIMのなかでは最安値です。

400MB超過メールが届く

毎月400MB通信すると登録したメールアドレスに「400MB超過のお知らせ」メールが届きます。500MB未満で抑えたい人には役立つ機能です。

0SIMで400MBデータ通信すると送られるメール

しかし、これは「前日までの」データ通信量が400MBを超過したときに送信されるので注意が必要です。つまり月末最終日に400MBを超えてもメールは届きません。実際に月末の12月31日に400MBを超えてもメールは届きませんでした。

docomo系MVNO

0SIMはdocomo系のMVNOなので、docomoから発売されている端末であればSIMロックを解除する必要はなく簡単に使用することができます。対応バンドを確認する必要はありますが、国内で販売されている多くのSIMフリー端末でも使うことができます。

逆にauやSoftBankのSIMロックがかかった端末で使うにはロック解除の手続きが必要にはなります。

また、docomoの端末では格安SIMを使うとテザリングができないため、テザリングを使いたい人は要注意です。

通信速度がそこそこ速い

0SIMの通信実測度

使用する環境に依存するのですが、0SIMはそこそこの通信速度を出しています。

しかし、正式サービスが始まったことにより、ユーザーが増えて今後は通信速度が遅くなることは十分に考えられます。

現状ではネットサーフィン、LINE、Twitterなどではストレスを感じない速度を維持しています。YouTubeの720pも止まることなく視聴できました。

コラボSIMは初期費用がかからない

これはコラボSIMのみに言えることですが、初期費用が掛かりません。雑誌代の620円のみです。こういうところがコラボSIMの人気を後押ししています。

なお、正式サービスである0SIMには初期費用3000円(税別)がかかります。

0SIMよ、それはないだろ

次は0SIMの良くない点です。

データ使用量の速報値が遅すぎる

So-netの会員ページから0SIMでの通信量を確認することができるのですが、これがめちゃくちゃ不便。

0SIMの会員ページ0SIMの今月の通信量を確認できるページ

「速報値」とのことですが、だいたい4~5時間遅れで反映されます。はたしてこれは速報といえるのか……。

結論、スマホ本体のデータ通信で管理するのがベストですね。また、データ管理アプリなども今のところありません。

データ通信専用は3ヶ月放置で自動解約される

本サービスの契約⽇後、3ヶ⽉間連続してデータ通信のご利⽤がない場合、⾃動的に解約とさせていただきます(声通話対応プランを除く)。

重要事項説明書より

データ専用プラン、SMS対応プランでは3ヶ月データ通信をしないと自動で解約されてしまいます。これは正式0SIM、コラボSIMの両方に当てはまることです。

ただ、連続して通信していない月の3ヶ月目に確認のメールが送られていきます。解約したくないけど忘れていた場合にはありがたいですね。

0simの自動解約のお知らせメール

また解約後は一定期間内にSIMの返却(送料負担)が必要になります。ばっくれるとお金取られます。SIMの返却先住所は以下の通りです。

〒338-0824
埼玉県さいたま市桜区上大久保303-1
So-net物流センターSIM返却係 宛

1人1回線 プラン変更には解約後に再度契約が必要

正式サービスが始まったことにより、データ専用プラン、SMS対応プラン、音声通話対応プランと選択肢が増えました。

しかし、データ専用SIMを使っていてあとからSMS対応SIMに変更する場合は1度解約して再度契約という1ステップを挟む必要があります。その際にはもちろん手数料も発生します。

また1人1回線という制限もあります。なのでデータ専用SIMを何枚も契約するという、永遠の0は存在しません。

さいごに

一見0SIMはとても良さそうな内容に見えますが、けっこう面倒くさいSIMです。

データ使用量の反映が遅いことに始まり、契約変更手続きや自動解約など、格安SIMに対して詳しくない人には取っつきにくいのではないかと思います。とはいっても、サービス終了まで最低維持費が0円というのはとても魅力的ではあります。

個人的には今後0SIMのようなプランが他社から発表されることはないと思っているので、気に入れば0SIMを契約してみてはいかがでしょうか。

以上、0SIMを使ってみて分かったことでした。ではでは。

リンク0SIMお申し込みページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す