行き着く先はあんこ

Android端末でVPNを利用して国内で使えないサービスを使えるようにする

android-vpn-setting

Webサービスのなかには特定の国からのアクセスでは利用できないようになっているものがあります。

音楽ストリーミングサービスのSpotifyも今のところ、アカウント取得時に日本からのアクセスを弾くようになっています。

今回はそのような特定の国から利用できないサービスをVPNを利用して使えるようにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

VPNを利用するよ

VPNを使うとアクセス元を偽造することができます。これにより、サービスが使える国からアクセスしているように見せかけます。

では設定手順を解説します。

まず「設定」→「その他の設定」→「VPN」と進みます。

android-vpn-setting1android-vpn-setting2

右上の「+」からVPN接続先を追加していきます。

android-vpn-setting3android-vpn-setting4

一例として以下のように入力するとアメリカからのアクセスになります。

名前USA(好きな名前でよい)
タイプL2TP/IPSec PSK
サーバーアドレスfifty.opengw.net
IPSec事前共有鍵vpn
転送ルート0.0.0.0/0

これは筑波大学が運営している「VPN Gate」を使わせてもらっています。ほとんどの場合はアメリカからのアクセスで問題ないと思いますが、国を変えたいときは、「VPN 筑波大学による公開 VPN 中継サーバープロジェクト」から接続したいDNNS名(~.opengw.net)を探して、サーバーアドレスに入力します。

入力を終え「保存」をタップした後、「ユーザー名」「パスワード」に「vpn」と入力して「アカウント情報を保存する」をチェックして「接続」します。

android-vpn-setting5

入力に問題なければ繋がると思います。VPN接続をしている間はステータスバーに鍵アイコンが現れます。

android-vpn-setting6

切断したいときは、接続VPNの「切断」から接続を終えることができます。

android-vpn-setting7

さいごに

これで世界中の国からのアクセスができるようになりました。

上手く使えば、今後Webサービスで弾かれることはなくなるはずです。

ではでは!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す