行き着く先はあんこ

Android Wear 2.0アップデートによりスワイプ・手書き入力が可能に

android-wear-2

Google I/O 2016の発表内でAndroid Wear初のメジャーアプデートが2016年秋に行われることが決まりました。これによりAndroid Wearでのスワイプ・手書き入力が可能になります。

スポンサーリンク

Android Wear 2.0メジャーアプデート


これまでのAndroid Wearは音声による文字入力をしていました。非常にスマートのようですが、精度が悪かったり、周りの目が気になったりと、メリットよりデメリットの方が大きいのが現実でした。

それを改善するためにAndroid Wear 2.0ではついに手書き入力が可能となります。

スワイプ入力

Android Wear 2.0のスワイプ入力

キーボードの上を指でスワイプすることで文字を入力しています。入力内容は「that’s unfortunate」

手書き入力

Android Wear 2.0の手書き入力

手書き入力では、入力と同時に自動で左に流れる様子がわかります。こちらは「ice cream」と入力。

精度は?日本語は?

動画を見る限りではスワイプ入力、手書き入力ともに簡単に入力できているように感じます。精度もそれなりに高いようです。しかし、これは英語入力の場合であって日本語入力はどのようになるのか今のところ判明していません。

Google標準の日本語入力であっても、メーカー独自の日本語入力であっても、利用幅が大きくなるのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す