行き着く先はあんこ

ASUS ZenFone 2 Laser(ZE500KL)を購入しました。

Zenfone 2 Laserを購入しました

5インチディスプレイ、デュアルSIM対応のZenFone 2 Laser(ZE500KL)を買いました。

2015年8月8日に発売されてから早5ヶ月が経ちましたが、今回はZenFone 2 Laserのフォトレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク

ZenFone 2 Laser 開封の儀

16GB、グレイカラーを選びました。ネットショッピングで新品22,800円(税込み)でした。

ZenFone 2 Laser 16GBモデルのシルバー

外箱の側面には穴が開いています。ZenFoneを手にするのは初めてなので少し感動。

ZenFone 2 Laser の外箱には穴が開いている

スライドして取り出すことができます。

スライドして外箱からZenFone 2 Laserを取り出す

ZenFone 2 Laser本体。

外箱から取り出したZenFone 2 Laser

下には充電器などの付属品が入っています。

箱の下には充電器やイヤホン、保証書、取扱説明書などが入っている

ZenFone 2 Laser、充電ケーブル、ACアダプタ、イヤホン、イヤホンの耳に入れるところの予備、シリアルコードが印刷されたシール、保証書、取扱説明書の全部で8点セット。

ZenFone 2 Laser、USBコード、充電器、イヤホンなど全部で8点セット

国内版ではなく台湾版を購入したので、取扱説明書は……読めません。

台湾版のZenFone 2 Laserの取扱説明書

本体は1枚の保護フィルムで全体が覆われています。使用するにはフィルムを剥がさないとかなり邪魔なので、Amazonで購入していた保護ガラスを貼りました。初期のフィルムの中にホコリ?が入っていたのは、いただけないですね。画像のホームボタン近くです。

初期フィルムの下にホコリが見られる

ZenFone 2 Laserの外見

まずは正面からの写真。光の加減で変化する下部のデザインはかっこいです。

正面から撮影したZenFone 2 Laser

裏には「ZenFone」と「ASUS」の文字が印刷されています。カメラレンズの下にある長細いものは音量ボタンです。USB充電口は下にあります。

ZenFone 2 Laserシルバーの背面

側面上部には電源ボタンとイヤホンジャック。電源ボタンが上にあるのは違和感があります。

側面上部に電源ボタンがある

右側面には裏蓋を開けるためのミゾが。開けづらいとの話でしたが、簡単に開けられました。

側面右に裏蓋を開けるミゾがある

バッテリーは最初から装着されています。ZenFone 2 LaserはデュアルSIMに対応しているのでSIMスロットが2つ。

デュアルSIMに対応しているためSIMスロットが2つある

ZenFone 2 Laser 起動

電源を入れると「ASUS」の文字が表示されました。

ZenFone 2 Laserを起動すると「ASUS」と表示される

さいごに

格安スマホの王道とも言えるZenFone。値段の割に性能が優れているのがポイントです。

この機種はZenFone 2の性能を落としたものですが、その分値段も安くなっています。公式サイトASUS ZenFone Shopでは30,024円で販売されていますが、いまだとAmazonでは2万円台後半で購入可能です。

スマホは欲しいけど、そこまで高級なのはいらないライトユーザーにはぜひともオススメの端末ですので、購入を考えている人は参考にしてみてください。

次回はZenFone 2 Laserの中を紹介する予定です。

ではでは!

関連記事ASUS ZenFone2 Laserの中身チェック。設定項目がたくさん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す