行き着く先はあんこ

ZenWatch 2のバッテリー事情、1日は余裕で使えるが2日目は少し心配

ASUS ZenWatch 2のバッテリー事情

ウェアラブル端末を使う上でどうしても気になるのはバッテリーの持続時間です。便利な機能が使えても必要な時に電池がなくては、ただのアクセサリーでしかありません。

今回はASUSから発売されているZenWatch 2(WI501Q)のバッテリー事情についてまとめました。結論から言うとZenWatch 2(WI501Q)はフル充電だと1日は余裕で使えますが、2日目は少し心配な感じです。

スポンサーリンク

ZenWatch 2のバッテリー事情

今回レビューするZenWatch 2はバッテリー容量400mAhのWI501Qです。記事公開時の最新バージョンであるAndroid Wear 1.4.0にアップデートした状態です。

バッテリー容量を比較

まず、メジャーなAndroid Wear端末のバッテリー容量を比較します。

名称バッテリー容量
SmartWatch3420mAh
LG Watch Urbane410mAh
ZenWatch 2(WI501Q)400mAh
moto360 2nd Gen(46mm)400mAh
ZenWatch 2(WI502Q)300mAh
Huawei Watch300mAh

ZenWatch 2(WI501Q)は比較的にバッテリー容量が大きいです。ただ全体的にAndroid Wearはバッテリー持ちに期待できないので、400mAhだとどれほど持続できるのでしょうか。

1時間あたり約2.3%のバッテリー消費

朝の8:00にフル充電したところ、翌日の20:50にはバッテリー残量が12%になりました。1時間あたり2.47%のバッテリーが消費されて、約2日間(37h)連続で使うことができました。

ASUS ZenWatch 2のバッテリー残量グラフ

これはAndroid Wearアプリをほとんどインストールしていない初期状態に近いときに測定したのですが、いくつかアプリをインストールした後でも1時間あたりの消費は2.3%前後でした。

バッテリーをフル充電した状態だと1日は余裕で持ちますが2日目は少し心配な感じです。使い方によっては2日目の途中でバッテリー切れになることも十分に考えられます。

充電時間は36分で50%

次はZenWatch 2の充電についてです。ASUSから発表されている情報によると、ZenWatch 2は約36分間で約50%までバッテリーを充電できるとのことです。このことに間違いはなく、実際に30分ほどで50%近くまで充電ができます。

50%あれば1日は十分に使うことができるので、前日に充電を忘れても起床から家を出るまでの30分で充電することができます。

毎朝充電するスタイルだとこんな感じになります。

ASUS ZenWatch 2の毎日充電したバッテリー残量グラフ

画面オフのシアターモード

ZenWatch 2はメニューから設定もしくはクラウンボタンを素早く2回押すとシアターモード(画面がオフ)になります。

これがどれほど効果があるかは分かりませんが、少しでもバッテリー消費を抑えたければそれなりの効果もあるかもしれません。ただし画面には何も表示されないので時間も分からなくなります。

さいごに

ZenWatch 2を使って1週間が経ちました。毎日起きてから1時間ほど充電するのが自分の充電スタイルになりつつあります。最初はめんどくさかったのですが、1週間もすればなれました。

Android Wearが腕時計の立場になるにはバッテリー面にまだまだ不安が残ります。将来的には1週間は持続できることを期待するばかりです。

ではでは。

レビューその2ZenWatch 2(WI501Q)にはスピーカーがあり単体で通話が可能

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す