行き着く先はあんこ

Bloggerの404ページでAdSense(アドセンス)を非表示にする

blogger404-adsense

Google AdSenseを404ページに表示させているとポリシー違反になって広告の配信が停止されていまします。

配信停止される前に、しっかり対策しておきましょう。

スポンサーリンク

404ページでのAdSenseはポリシー違反

ページが存在しない時に表示される404ページ。このページにAdSenseが表示される設定だと、ポリシー違反になります。

コンテンツを含まないページ(手続き完了ページ、離脱ページ、ログインページ、エラーページなど)に広告を掲載することは許可されません。このようなページは、訪問者がドメインから離脱する可能性がある際や、購入やダウンロードなど、サイト上で特定のアクションを実行した後に表示されます。この種のページに広告を掲載すると、広告が実際のコンテンツだと誤解されてしまう可能性があるため、掲載は避けてください。

広告の配置に関するポリシー – Adsenseヘルプ

Bloggerの404ページでAdSenseを非表示にする

HTMLでAdSenseを配置している場合

まず、Bloggerのメニューから「テンプレート」→「HTMLの編集」と進み、AdSenseのコードを探します。「ads」や「adsbygoogle」等で検索すると見つかると思います。

見つけたコードを以下のように分岐タグで囲みます。

<b:if cond='data:blog.pageType != &quot;error_page&quot;'>
ここにAdSenseのコード
</b:if>

作業はこれだけで終了です。

ウィジェットでAdSenseを配置している場合

「テンプレート」→「HTMLの編集」→「ウィジェットへ移動」からAdSenseウィジェットへ移動します。

この場合も同様に分岐タグでウィジェットを囲みます。

<b:if cond='data:blog.pageType != &quot;error_page&quot;'>
AdSenseウィジェットのコード
</b:if>

作業終了です。

さいごに

今のとこAdSenseのアカウント停止は経験したことがない(停止されるほど活動してない)ので詳しくは分かりませんが、停止の可能性があるものはできるだけ対策しておきたいものです。

停止されてからアタフタしなくてもいいように、今のうちに404ページ設定を見直しましょう。

では!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す