行き着く先はあんこ

ドコモ版Xperia Z5/Z5C/Z5PのAndroid6.0バージョンアップが開始

docomo版Xperia Z5シリーズのAndroid6.0アップデート開始

2016年3月2日、docomo版Xperia Z5、Xperia Z5 compact、Xperia Z5 Premiumの3機種に対してAndroid6.0 Marshmallowのアップデート配信が開始されました。

同機種グローバルモデルのAndroid6.0アップデート配信は3月7日に予定されています。そのためdocomo史上初、グローバルモデルより早いアップデートになります。

スポンサーリンク

Android6.0 バージョンアップ概要

対象機種

Xperia Z5 SO-01H
Xperia Z5 Compact SO-02H
Xperia Z5 Premium SO-03H

更新開始日

2016年3月2日

アップデート内容

  • Android6.0に対応
  • Xperiaホームで画面スワイプ時のエフェクト追加
  • カメラUIの変更
  • 通話履歴画面に「通話履歴フィルター(不在着信、着信、発信等)」が常時表示に
  • 最近利用したアプリ画面の視認性の改善
  • 通知パネルに表示されるスクリーンショット画像を、通知パネル上から共有・削除が可能に
  • 指紋によるロック解除設定時のセキュリティーの強化

Now on Tapに対応

今回のアップデートでAndroid6.0に対応し「Now on Tap」が使えるようになりました。

この「Now on Tap」とは、アプリ起動中にホームボタンを長押しすると、起動しているアプリ画面から自動で欲しい情報を予測して表示してくれる、という機能です。

使い方としては、友達からLINEでレストランの情報が送られてきたとき、ホームボタンを長押しすると、そのお店の情報や道順が分かるというものです。

消費電力を最小限におさえる

Android6.0標準搭載の「Dozeモード」と呼ばれる消費電力を抑える機能が加わります。

なお、Xperiaにはすでに「STAMINAモード」と呼ばれる同様の効果も持った機能がありました。しかし今回のアップデートでは「STAMINAモード」が使えなくなり、Android6.0標準搭載の「Dozeモード」のみ使えるようになります。

ただし4月のアップデートで「STAMINAモード」は復活予定とのこと。

アプリの権限をコントロール

アプリが要求するアクセス権限をコントロールできるようになります。

例えば、Chromeアプリは「カメラ」「ストレージ」「マイク」「位置情報」「連絡先」といった権限を要求します。いままでは全てを許可する必要があったのですが、今回から個別に許可することができるようになりました。

さいごに

今回のアップデートはグローバル版より早いアップデートになりました。同様の機能を持つ「Dozeモード」と「STAMINAモード」の両立ができない点もありますが、今回の早い更新は評価されるべきポイントです。

Android6.0アップデートが予定されている残りの端末もこの調子でどんどん進めて欲しいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す