行き着く先はあんこ

GIMPで手軽に写真をDuotone(デュオトーン)加工する方法

GIMPでDuotone加工したおじいさんの写真

GIMPを使って写真を手軽にDuotone(デュオトーン)加工する方法を紹介します。

スポンサーリンク

Duotone(デュオトーン)とは

2つの(Duo)色合い(tone)をベースとしたデザインのことです。有名どころだと音楽ストリーミングサイトのSpotifyが使っています。

こんなやつ。

SpotifyのDuotone

Duotoneについては以下のサイトにて非常に分かりやすくまとめられているので割愛します。そのため今回はGIMPにてDuotone加工する方法のみ紹介します。

参考最近Webデザイン界で流行っている「Duotone」をうまく使えば超イケてるサイトに様変わりするに違いない – Brian’z Imagination

GIMPでDuotone加工

まずDuotone加工したい画像をGIMPで開きます。

Duotone加工したい写真をGIMPで開く

次にツールからグラデーションに用いられる「ブレンド」を選択します。

グラデーションをかける「ブレンド」を選択

ここで描写色と背景色を設定します。今回の例は「#5551a9」と「#ffc04f」です。またグラデーションが「描写色から背景色(RGB)」になっていることも確認します。

描写色と背景色を設定する

さいごに「色」→「カラーマッピング」→「グラデーションマップ」を選択すると……

GIMPの「グラデーションマップ」を使う

Duotone加工ができました。

色合いが気持ち悪いDuotone

色合いが逆で気持ち悪い場合は、現在の描写色と背景色を入れ替えてオリジナル画像に同様の手順で加工します。

GIMPの描写色と背景色を入れ替える

とりあえずこれでDuotone加工が終了です。タイポグラフィのように文字を入れるのもいいですね。

GIMPでDuotone加工が終了

さいごに

今回のトーンは紫色と橙色を使いましたが、同じ写真でも組み合わせのトーンを変えるだけでかなり印象が変わります。

トーンの組み合わせを変えた写真

現在ではフラットデザインやマテリアルデザインなどが主流ですが、先ほどのサイトの方が言うように次はDuotoneが主役の時代が来るのでしょうか。自分にはまったく分かりません。

ただこのDuotoneを用いればイケてるサイトにならない気もしないですが、使いどころが難しいです。今の自分では使いこなせません。

でもあまり見かけない今だからこそサイトなりブログなりに使ってみるのも面白いかもしれませんね。興味があるひとは挑戦してみてはどうでしょうか。

ではでは。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す