行き着く先はあんこ

Bluetoothイヤホン「X1T」で完全独立型をお手軽に楽しむ

2017.3.20

近頃なにかと話題の完全独立型Bluetoothイヤホンの格安モデル「X1T」を購入しました、コードから解放される感覚がおもしろい。

スポンサーリンク

完全独立型Bluetoothイヤホン「X1T」

カラーは4種類ありますが、今回は無難な黒にしました。Amazon.co.jpで2,700円でした。

  • ブラック
  • ホワイト
  • ピンク
  • ブルー

付属品

「X1T」イヤホンの付属品

予備のイヤーピース4セットとホコリの付きやすい黒色ぽち袋。あと、充電コードと英語の説明書が入っていました。

イヤホン本体

「X1T」イヤホンを横から1円玉と比較

「X1T」イヤホンを上から1円玉と比較

イヤホンの直径は18.5mm。1円玉より少しだけ小さいですが、普通のイヤホンとくらべるとすごく大きいです。見た目プラスチック感がありますが、思った程はひどくないです。

右左のイヤホンの見た目はどちらも全く同じです。しかし、L、Rの区別はあるようなので自分なりの判別方法が必要になります。

実際にイヤホンを付けてみたらこんな感じです。大きいので結構目立ちます。

X1tイヤホンを付けてみた

電源アイコンが書かれている面はボタンになっていて、このボタンを押すことで電源のオン・オフなどを操作します。しかし、耳に装着する際などに間違ってこのボタンを押しがちなので注意が必要です。

高級イヤホンは持っていないため音質がどうこうとは言えませんが、同価格帯のイヤホンとそれほど変わらないように感じます。そもそも音にこだわりたい人は有線一択でしょうから、ライトユーザーであれば十分楽しめます。

無線イヤホンといえば遅延ですが、0.5秒ほど遅れて聞こえます。動画視聴や音ゲーをする場合は適しませんが、音楽メインなら全く問題はありません。

この個体特有の問題かもしれませんが、接続が途切れることが少なからずあります。その後すぐに再接続されるのですが、気になる点ではあります。

バッテリー

機能性能
バッテリー容量65mAh
フル充電時間1.5時間
使用可能時間片側使用:5-6時間
両側使用:2-3時間
スタンバイ時間片側:120時間
両側:60時間

充電は付属のケーブルを使います。充電中は赤いライトが光り、充電完了時には青いライトが光ります。

「X1T」イヤホンの充電ライト

使用時間に関してはカタログスペックとそこまで大きな違いはなく、だいたい2時間ほど連続して使うことができます。1万円以上する独立型イヤホンのケースにはバッテリーが搭載されているものがありますが、残念ながらそのような立派なケースは存在しません。2時間使えれば十分だとは思いますが、外で充電する場合は付属の充電ケーブルを持ち歩く必要がありますね。

X1Tは両方のイヤホンを使うだけでなく片方のイヤホンだけ使うこともできます。外部の音を聞くために片側だけイヤホンを使うことがよくあるのですが、そのような時にすごく役立ちます。

使い方

初期接続

  1. 片側イヤホンのボタンを赤いライトが光るまで押す(約2秒間)
  2. もう片方のイヤホンのボタンを赤青のライトが点滅するまで押す(約3秒間)
  3. スマホなどのBluetooth設定画面から「X1T」を選んで接続する

電源オン

  1. 使いたいイヤホンのボタンを押す
  2. 赤いライトが光り、「Power On」の音が聞こえる
  3. 接続完了

電源オフ

  1. イヤホンのボタンを約3秒間押す
  2. ライトが消え、「Power Off」の音が聞こえる
  3. 電源オフ

さいごに

OEM製品

以前から気になっていた独立型Bluetoothイヤホンを使ってみて、無線っていいなと思いました。コードが絡まるストレスから完全に開放されましたね。(すでにどこでも言われてることです。)

このX1Tイヤホンに関しては比較的購入しやすい値段でもあるので、完全独立型Bluetoothイヤホンを試してみたいという人にはいいかもしれません。ただ、当たりハズレが大きいようなので期待しないのが重要になりそうです。

さいごに、この「X1T」イヤホンはAmazonで購入したのですがよく似た商品がいくつか見られます。調べてみるとrambotechという会社が製造しているOEM製品のようです。よく似たパッケージ・デザインの商品は値段が違ってもほぼ間違いなく同じ商品です。販売元によっては配達日数にかなり差がでることもあります。購入するときに頭に入れておくといいかも。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す