行き着く先はあんこ

FiimoのメールアドレスをGmailアプリで使う設定

FiimoをGmailで使うための設定

STNetが運営するFiimoを契約するとメールアドレスを一つ使うことができるようになります。

今回はそのFiimoのメールアドレスをGmailアプリで使うまでの設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

Fiimoのメールアドレス

FiimoのメールアドレスというのはFiimoの契約時に設定した「xxx@ma.fiimo.jp」というものです。

それではGmailアプリで設定してきます。

Gmailでの設定

まずGmailアプリを開いてメニューから「設定」→「アカウントを追加」と進みます。

Gmailの設定項目Gmailにアカウントを追加する

次に「個人(IMAPまたはPOP)」を選択してFiimoのメールアドレスを入力します。

GmailのセットアップGmailにFiimoのメールアドレスを入力する

「個人用(IMAP)」を選んだのちにFiimoのパスワードを入力します。

GmailのIMAP設定を選択するFiimoのパスワードを入力する

すると「受信サーバーの設定」画面が表示されるので、以下の内容を間違えないように入力します。

Fiimoの受信サーバーの設定画面
ユーザー名Fiimoのメールアドレス
パスワードFiimoのパスワード
サーバーimap.fiimo.jp
ポート143
セキュリティの種類なし

次の「送信サーバーの設定」画面も以下のように入力します。

Fiimoの送信サーバーの設定画面
ユーザー名Fiimoのメールアドレス
パスワードFiimoのパスワード
SMTPサーバーsmtp.fiimo.jp
ポート587
セキュリティの種類なし

最後に同期頻度の設定をします。

Gmailの同期頻度設定

これでFiimoのメールアドレスがGmailでも使えるようになりました。正常に送受信できるかの確認もしておきましょう。

メールアドレス、メールパスワードが分からない……

設定しようにもFiimoのメールアドレス、メールパスワードが分からなければどうにもなりません。しかし忘れてしまっても確認することはできます。

まずFiimoのマイページにログインしてナビメニューから「契約内容確認・変更」と進み確認したい契約番号を選びます。

Fiimoのログイン画面Fiimoの契約番号選択画面

そして「ご契約内容」画面からFiimoのメールアドレスが確認できます。また左のメニュー「メールパスワード変更」と進むとメールパスワードが変更できます。

Fiimoのメールアドレスとメールパスワードを確認する

さいごに

FiimoのメールアドレスをGmailで使うまでを紹介しました。

ではでは。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがり

    2016.04.04 23:10

    imapはポート993でセキュリティを有効にして使うべきだと考えます。
    smtpはポート465でセキュリティを有効にして使うべきだと考えます。

    • かずらかずら(管理人)

      2016.04.05 23:46

      コメントありがとうございます。

      それぞれのポートを993と465、セキュリティをSSL/TLSにしてGmailアプリで送信できることは確認していました。ただ今回の内容はFiimoが公表している手順に沿った設定方法になります。

コメントを残す