行き着く先はあんこ

Nextbit Robin用に購入したUSBアダプタとガラスフィルムとシリコンケース

Nextbit Robin用に購入したものの山

Nextbit Robin用にUSB変換アダプタとガラスフィルムとシリコンケースの3点を購入しました。

スポンサーリンク

購入したもの

USB変換アダプタ

1つ目はUSB変換アダプタです。

Nextbit RobinのUSBポートにはType-Cが採用されていているので、すでに持っているMicro USBケーブルを無駄にしないためにもMicro USBからType-Cへの変換アダプタを購入しました。王道はAnkerの2個セットですが、今回はTronsmartのアダプタを選びました。

白と黒の2個入りです。

TronsmartのUSBアダプター

向きを気にせずに使えるのは便利ですね。これからどんどん普及して欲しいです。

向きを気にしなくて良いUEC Type C

ガラスフィルム

2つ目はガラスフィルムです。

Nextbit Robinのディスプレイには(相当強力な)ゴリラガラス4が使われています。ただ、ゴリラガラスの弱点は粉塵などの細かいキズなので、これらからディスプレイを守るために保護フィルムは必須のアイテムです。

内容物はガラスフィルムとアルコール拭きとクロスといった最低限のものが入っています。

Nextbit Robin用に購入したガラスフィルム

ガラスフィルムは穴は空いてなく長方形の形をしています。

穴の開いていないガラスフィルム

貼ってみるとこんな感じです。ラウンドエッジ加工はしているようですが、たまに端の方に空気の侵入跡が見られます。

ガラスフィルムを貼ったNextbit Robin

操作性には特に不満はなく、クリアでディスプレイも綺麗に見ることができます。また、ガラスフィルムはディスプレイのみ覆うようになるのでディスプレイとスピーカーの境界に段差が生じますが、裏返してもガタガタしませんのでご安心を。

ちなみにガラスフィルムは縦12.1cm、横6.8cm(ものさし測定)だったので、大きささえ合わせれば別の保護フィルムでも代用できそうです。

シリコンケース

3つ目はシリコンケースです。これはガラスフィルムと同じところから発売されているものです。

内容物はシリコンケースのみ。シリコンなのでグニャグニャ曲がります。

グニャグニャ曲がるシリコンケース

ケースを付けてみるとこんな感じです。スマートフォン最大の弱点である四隅は守ってくれそうです。

角をガードしている

裏面はカメラとLEDライトとスマートストレージランプのところに窓が開いています。

カメラとクラウドランプの位置に穴が開いているシリコンケース

上部と下部には覆われてないので、そのまま充電したりイヤホンを使ったりできます。

上部、下部はそのまま使用可能なシリコンケース

そして、右側面は電源ボタンを考慮した作りにはなってますが確実に押しにくくなりました。ケースを付けていないときに比べてボタンを強く押す必要があります。

電源ボタンが押しにくくなった

最後に左側面。なんということでしょう、あのプクッと膨らんだ可愛らしいボリュームボタンがカエルの卵に生まれ変わりました。これにはNextbit CEO Tom Moss氏も驚きを隠せません。

ボリュームボタンがカエルの卵に早変わり

本当はNextbit Robinの可愛さあふれるボディを見せびらかしたかったのですが、最初だけはケースを付けようと思いこれを購入しました。確かにこのシリコンケースはグリップ性能は向上し、衝撃からもそれなりに守ってくれそうです。ただ、代償として失うものが大きすぎるような気もします。もし付けるのであればNextbit Robinの可愛さは3割減になると思います。あくまで参考までに。

純正Bumps Case

で、結局純正のBumps Caseを購入しました。カラーはFog、Mind Robinの白色部分と同じ色です。

Bumps Case

Bumps Case

Bumps Case

Bumps Case

Bumps Case

Bumps Case

Bumps Case

衝撃吸収性能はほぼありませんがRobinにマッチしたデザインです。電源ボタンや音量ボタンが押しやすいのも非常にポイントが高いです。

さいごに

今回はNextbit Robin用に購入したものを紹介しました。USBアダプタとガラスフィルムには満足しているのですが、シリコンケースはどうしても好きになれませんでした。

後日黄ばんだのをきっかけに純正ケースを購入したのですが正解でした。結局純正がベストです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す