行き着く先はあんこ

GoogleマップとGoogle Earthの衛星画像がよりはっきりと見られるように

Googleの衛星画像がはっきりとなる

2016年6月27日(現地時間)、GoogleマップとGoogle Earthで表示される衛星画像がよりはっきり見えるようにアップデートが行われたことをGoogleが発表しました。

スポンサーリンク

Googleの衛星画像

衛星画像には雲が写るため、何百枚も同じ場所を撮影して雲がない状態の画像を組み合わせることで衛星画像は作られます。これまでのGoogleの衛星画像は15メートルごとを1ピクセルとして表示していました。

Googleはどのような割合で衛星画像を作っているかは言及しませんでしたが、今回のアップデートにより明らかにはっきりとした衛星画像が表示されるようになりました。

ニューヨークを撮影したGoogleの古い衛星画像
ニューヨークを撮影したGoogleの新しい衛星画像

このアップデートには、2013年に打ち上げられた観測衛星「Landsat 8」が大きく影響しているとのことです。この衛星は以前のもの「Landsat 7」と比べて、細部をより詳しく、本物に近い色合いで撮影が可能です。

見やすくなった衛星画像はGoogle EarthもしくはGoogleマップの航空写真から見ることができます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す