行き着く先はあんこ

i-dioのWi-Fiチューナーが届いたのでフォトレビューと接続方法について

i-dioのWi-Fiモニターに当選したので開封する記事のサムネイル

2月末まで実施されているi-dioキャンペーンのモニターWi-Fiチューナーが届きました。

i-dioが正式に始まらないと使えないので、今回はフォトレビューとスマホに接続させるまでについてです。

スポンサーリンク

i-dio ってなに?

「i-dio」という言葉を聞いたことがある人はほとんどいないと思います。自分もこのモニターキャンペーンが始まるまで全く知りませんでした。

今回は説明しませんが、気になる人は公式サイトで調べてみてください。

リンクi-dio 新放送サービス|公式サイト

Wi-Fiチューナ 開封の儀

50,000名のモニター募集キャンペーンの締め切りは2月末のはずなのですが、締め切る前にチューナーが発送され、自分の手元にも本日届きました。

ということでフォトレビューしていきます。

開けるぞ

配達は西濃運輸が担当しているみたいです。

i-dioのチューナーは西濃運輸が配達担当

「i-dio当選おめでおう」の紙と……

i-dioモニター当選おめでとうの紙が同梱されている

取扱説明書とチューナーが入っています。

i-dioの箱を開ける取扱説明書とi-dioのWi-Fiチューナーの2セット

i-dioのWi-Fiチューナ本体。上部に電源ボタンがあります。

i-dioのWi-Fiチューナ本体

一般的なカードより二回りくらい小さいです。

チューナーはカードと比べて2周りほど小さい

右側面にはMicro-USB充電口とストラップホールがあります。小さい黒点みたいなのはリセットボタンです。

右側面にはMicro-USB充電口とストラップホールとリセットボタンがある

左側面には外部アンテナジャックがあります。ここにイヤホンを刺してアンテナにできるみたいです。ただしイヤホンとしては機能しません。

左側面には外部アンテナジャックがある

アンテナ伸ばしてみました。本体の2.5倍くらいの長さになります。最大まで伸ばすと根本が心もとないのでほどほどに。

i-dioのチューナーのアンテナを伸ばした

Androidと繋げるぞ

初期状態のチューナーはバッテリーが無かったので、とりあえず充電しながらAndroid端末と繋げていきます。iOS端末は持ってないので悪しからず。

Android端末と繋げるには、チューナーの電源ボタンを短く押します。緑色のランプが光れば大丈夫です。

緑のランプが付けばAndroidと接続ができる

次にAndroid端末の「設定」→「Wi-Fi」と進みます。

Androidの設定項目

右上の縦三点ボタンをタップして「詳細設定」を選択。

AndroidのWi-Fi項目右上のボタンから「詳細設定」を選択

「Wi-Fi Direct」をタップしてピア機器に「V-LowXXXXXXXX」が表示されたら、選択してAndroid端末と繋げます。

i-dio-monitor-photo-review13i-dio-monitor-photo-review14

※「V-LowXXXXXXXX」のX部分はチューナー本体の裏側に書かれているSSIDの8桁の数字が入ります。

さいごに

Android、iOSともに専用アプリがありますが、i-dioが正式に始まるまでは何もできないようです。どういう放送があるのかいまいち理解してないのですが、始まった時にはモニターでもあるので進んで使おうと思っています。

まだモニターになってなくてチューナーが欲しい人、まだ間に合いますよ。なにをいおう50,000名ですからね。

ではでは!

関連記事スマホがi-dio受信機になるWi-Fiチューナーの無料モニター50,000人募集中!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す