行き着く先はあんこ

Moto 360 2nd Genが日本のGoogleストアで発売開始。ただし46mmコニャックのみ

moto 360 2nd Genが日本のGoogleストアで購入可能に。ただし46mmコニャックレザーのみ

ついに日本のGoogleストアでもAndroid Wear端末「Moto 360 2nd Gen」が正式に発売開始されました。

ただし、購入できるのは46mmコニャックレザーのみで価格は44,500円です。

スポンサーリンク

Moto 360 2nd Genが日本でも購入可能に

Googlaストアで購入可能になったMoto 360 2nd Genのスペックは以下の通りです。

OSAndroid Wear
ディスプレイ40mm/233ppi(360×330)/LCD(バックライト付き)/ゴリラガラス3
CPUQualcomm Snapdragon 400、1.2GHz クアッドコア(APQ 8026)
GPUAdreno 305、450 MHz
RAM512MB
内部ストレージ4GB
電池400mAh
無線Bluetooth 4.0(Low Energy) / Wi-Fi 802.11 b/g
センサー加速度計/周囲光センサー/ジャイロスコープ/振動エンジン/光学心拍数モニタ(PPG)
防水性能IP67
サイズ46×11.4mm
モデル/カラーシルバー(コニャックレザー)

価格は44,500円に設定されています。同モデルをMoto Makerで購入すると349.99ドルなので少し高い気もしますが、初期不良や修理といった補償に頼れるのも強みの1つです。

円形ディスプレイ

Moto 360 2nd Genは円形ディスプレイ(※)を採用しています。そのためウェアラブル端末特有の主張が少なく、普段の生活でも使いやすくなっています。

※ 画面下部にflat tireと呼ばれる黒帯が表示されるため、完全な円形ではありません。

スピーカー非搭載

先日のAndroid Wearアップデートにより、スピーカーを搭載したAndroid Wearは単体で通話ができるようになりました。しかし、残念ながらMoto 360 2nd Genにはスピーカーは搭載されていません。購入時の参考までに。

さいごに

GoogleストアでMoto 360 2nd Genの発売日が近日発売と表示されることはや3ヶ月。ようやく正式に購入可能になりました。ただし46mmコニャックレザーのみです。

ワンサイズ小さい42mmモデル、もしくは他のカラーを望んでいた人には残念な結果になりましたが、今後選択肢が増えることに期待しましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す