行き着く先はあんこ

「Nova Launcher」の有料版と無料版の違いってなに?

nova-launcher-prime-free

Android4.0以降で使うことができるホームアプリ「Nova Launcher」。このアプリには無料版と有料版「Nova Launcher Prime」があります。

今回は「Nova Launcher」の無料版と有料版の違いをまとめました。有料版を購入の際に参考にしてみてください。

Nova Launcher
  • Nova Launcher
  • 制作: TeslaCoil Software
  • 評価: 4.6 / 5
  • 価格: 無料
Nova Launcher Prime
  • Nova Launcher Prime
  • 制作: TeslaCoil Software
  • 評価: 4.8 / 5
  • 価格: 600円

スポンサーリンク

Nova Launcherの無料版と有料版(Prime)の違い

違いを簡単にまとめるとこのようになります。

無料版有料版(Prime)
ジェスチャーなし9種類
未読数カウントなしカスタム可能
ドロワーグループなしカスタム可能
ドロワー内アプリの非表示できないできる
アイコンスワイプなしカスタム可能
スクロールエフェクト3種類13種類

それぞれを詳しく説明します。

ジェスチャー

ジェスチャーの設定画面

有料版(Prime)にすることの最大の利点は、ジェスチャーのカスタムができるようになることです。

現在、ジェスチャーは以下の9種類あります。

  • ピンチイン
  • ピンチアウト
  • 上へスワイプ
  • 下へスワイプ
  • ダブルタップ
  • 2本指で上へスワイプ
  • 2本指で下へスワイプ
  • 2本指で反時計回りに回転
  • 2本指で時計回りに回転

この中でもよく使われるであろう「下へスワイプ」。このジェスチャーに「通知領域の展開」を設定しておくと、ホーム画面ならどこでもいいので指を下にスワイプさせると、通知バーが降りてきます。

つまり、わざわざ画面上まで指を持っていく動作が必要なくなるわけです。このジェスチャーはかなりオススメです!

未読数カウント

未読数カウント表示の設定画面

メールやLINEのアイコン上部に数字が表示されているのをiPhoneなどで見たことあると思います。

なにかと便利な機能だと思うのですが、残念ながらAndroidではこの機能は標準搭載されてません。

しかしAndroidでも未読数カウントの表示はできます。そう、Nova Launcher Primeならね。

メールアプリに未読数251と18が表示された

ドロワーグループ・アプリ非表示

ドロワーグループで「アプリ」と「SNS」のフォルダを制作制作したフォルダとタブが表示されている

ドロワーというのはインストールアプリの一覧が表示されるところを指します。

そのドロワー内でタブやフォルダによってアプリをグループ分けすることができます。ニュース系、SNS系、ゲーム系と分類すると目的のアプリも見つけやすくなるはずです。

ホーム画面にショートカットがあって、めったにドロワーから開かないアプリなどは非表示にすることもできます。必要なアプリだけでドロワーもスッキリ。

アイコンスワイプ

LINEのスワイプアクションを「アプリドロワー」に設定

ホーム画面に置かれたアイコンのスワイプ時のアクションを設定できます。

使い道が分からなくてこの機能は使ってませんが、とりあえずスワイプ時のアクションも設定できます。

スクロールエフェクト

スクロール効果の設定画面

ホーム画面を移動するときのエフェクトです。全13種類。

  • シンプル
  • キューブ
  • カードスタック
  • タブレット
  • 回転ドア
  • フリップ
  • 垂直フリップ
  • イン&アウト
  • アコーディオン
  • ガラス
  • ワイプ
  • ズームフェード
  • スロー

これら上から3つ、「シンプル」「キューブ」「カードスタック」は無料版でも使うことができますが、多くのアニメションを楽しむことができるのもPrimeならではです。

さいごに

無料版と有料版の違いはこんなところです。もしかすると今後のアップデートで更に有料版のカスタマイズの幅が増えるかもしれません。

Nova Launcherは無料版でも十分使えるので、それで満足している人は購入しなくてもいいかと思います。個人的にはNova Launcher Primeを購入して良かったと感じています。

今後購入予定のある人は参考にでもしてください。

では!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す