行き着く先はあんこ

Androidアプリの自動更新をする・しない方法[Google Playストア]

Androidアプリの自動更新の設定の記事サムネイル

Androidアプリは更新があれば自動で最新のバージョンに更新されるように初期設定されています。

しかし、通信量やアプリの不具合などでアプリを更新したくないときがあると思います。

そこで今回はAndroidアプリの自動更新をする・しない方法を紹介します。

スポンサーリンク

自動更新の設定をするよ

すべてのアプリの自動更新を有効・無効にする

まずPlayストアを開いて、画面左からスワイプして開いたメニューの「設定」に進みます。

AndroidPlayストアのトップ画面Playストアのメニュー画面から「設定」を選択する

次に「アプリの自動更新」をタップ。

Playストアの「アプリの自動更新」の項目

あとは、常にアプリを自動更新するのか、Wi-Fi接続時のみ更新するのか、更新しないのかを選択して終了です。

Androidアプリの自動更新の設定項目

個別アプリで自動更新の設定をする

先ほどの設定はインストールしている全てのアプリに対するものでしたが、任意のアプリのみ個別設定することもできます。

以下の例は、全体設定が「自動更新する」ときTwitterアプリのみ自動更新しないようにする設定です。

まずメニューから「マイアプリ&ゲーム」→「Twitter」と進みます。

Playストアのメニューから「マイアプリ&ゲーム」を選択するTwitterアプリの個別ページ

Twitterの個別ページの右上ボタンをタップして「自動更新」のチェックをはずします。

右上の3つ点が縦に並んでいるボタンをタップするTwitterの自動更新のチェックを外す

これでTwitterアプリのみ自動更新されないようになりました。

なお、全体設定で「自動更新しない」ようにしている場合は個別アプリで「自動更新」にチェックを入れると、全体設定が「自動更新する」ようになってしまうので注意が必要です。

自動更新は現在すべてのアプリで無効になっています。自動更新を有効にしますか?

さいごに

アプリの更新には大量に通信をするものが少ないからずあります。

格安SIMを使っている人だけでなく、普段から通信量に気をつける必要があるキャリア契約をしている人にも役に立つ内容なので、アプリの自動更新に困っている人はぜひ参考にしてみてください。

ではでは!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す