行き着く先はあんこ

Pokémon GOリリース後、Spotifyのポケモンの曲の再生数が約3倍に増加

ポケモンGoとSpotify

海外で先行スタートされたポケモンのアプリ「Pokémon GO」のリリース後、Spotify上にあるポケモンのテーマ曲の再生数がなんと3倍に増加していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

Pokémon GOの影響力は計り知れない

アプリ「Pokémon GO」が海外で先行リリースされたあと、さまざまなニュースが取り上げられました。Pokémon GOのプレイヤー(トレーナー)が多すぎてサーバーがダウンしたり、アクティブユーザーがTwitterのそれに追いつこうとしていたり、Pokémon GOを利用した犯罪が発生したり、任天堂の時価総額が1日にして7000億円増加したりと、文字だけで見てもその狂気具合がわかります。

そして、Pokemon GOがリリースされた週、世界大規模の音楽ストリーミングサービスSpotifyのPokemonに関する曲の再生数が約3倍に増えていることが海外メディアサイトCNETにより明らかになりました。

現在Spotifyには「Pokemon」と名前が付いたプレイリストが197,000個あり、「Pikachu」のプレイリストは53,000個あります。以下は再生数ベスト5のトラックです。

  • 01 Pokemon Theme
  • 02 Pokerap
  • 03 Pokemon Johto
  • 04 Go Pokemon Go
  • 05 I Want to Be a Hero

中でもGotta Catch ‘Em Allは362%も再生数が上昇したようです。

日本ではあまり馴染みのない曲ですが、日本人で言うところの「めざせポケモンマスター!」といったところでしょうか。たしかにこの曲を聴きながらするポケモンGOはとても楽しそうです。たとえ火の中、水の中、草の中、森の中、どこでも行けそうな気がしますね。ただ一時のテンションに身を任せて後悔しないよう気をつける必要はありそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す