行き着く先はあんこ

ZenWatch 2を購入しました。開封と外見レビュー

スポンサーリンク

ASUS から発売されている Android Wear のウェアラブル端末「ZenWatch 2」を購入しました。低価格でありながら機能も申し分ない、Android Wear 初心者には持って来いの端末です。

ASUS ZenWatch 2 レビュー

今回は Amazon.com で ZenWatch 2 を購入しました。本体価格は 129 ドルといった驚異的な安さです。送料は一番安い 6.36 ドルでも注文から 6 日で届いたのでさらに驚きです。

サイズは 1.63 インチ(WI501Q)と 1.45 インチ(WI502Q)の 2 種類ありますが、大きい方の 1.63 インチを選びました。カラーはシルバー、バンドはブラウンラバーです。

スペック

- -
製品名 ASUS ZenWatch 2(WI501Q)
プラットホーム Android Wear
CPU Qualcomm Snapdragon 400
1.2GHz
RAM 512MB
ROM 4GB
ディスプレイ 1.63 インチ 有機 EL(AMOLED)
解像度 320×320(278ppi)
タッチパネル 2 点タッチ
ガラス 2.5D 曲面 ゴリラガラス 3
マイク デジタルマイク
センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー
通信 IEEE802.11 b/g/n、Bluetooth 4.1
バッテリー 400mAh
サイズ 40.7×49.6×9.4~10.9mm
質量(本体/ストラップ) 約 46g/約 14g
防塵・防水 IP67

開封

外箱はこんな感じです。

ZenWatch 2の外箱

開けると ZenWatch 2 が出てきます。

ZenWatch 2の箱を開ける

箱の下には付属品が入っています。

箱の下にはケーブル等の付属品が入っている

充電アダプター、マグネット USB ケーブル、クイックスタートガイド、取り扱い説明書、保証書の 5 点。

ZenWatch 2の付属品一覧

そして ZenWatch 2 本体。

本体がシルバーでバンドがブラウンレザーのZenWatch 2

ベゼルには ASUS の特徴である放射状のデザインが施されています。ベゼルが太いのは残念です。

ベゼルには放射状のデザインがある

ZenWatch 2 の裏側。

ZenWatch 2の裏側

付属のマグネット USB ケーブルで充電ができるようになっています。ケーブルを逆向き近づけてもマグネットが反発するため、向きに気をつける必要は特にありません。

マグネット式のUSB充電ケーブル マグネット式USBケーブルで充電中

側面から見る 2.5D 曲面

右側面にはクラウンボタンがあります。押すだけで回りません。本体がシルバーだとクラウンボタンはローズゴールドになります。

右側面にクラウンボタンがある

左側面にはマイクの穴があります。

左側面にはマイクの穴がある

側面から見ると ZenWatch 2 のディスプレイが曲がっていることがよく分かります。ただの四角い時計で終わらずに、わずかに曲線を描いているのはオシャレです。

取り外しが簡単なバンド

ZenWatch 2 はバンドの取り換えが非常に簡単です。

裏側の接続部分にある出っ張りをスライドさせるだけでバンドの取り外しができます。

ZenWatch 2のバンドを取り外す バンドを取り外した

ZenWatch 2 専用のバンドはもちろんですが、普通の時計用に市販されているバンドも使用可能です。今回購入したのはブラウンレザーバンドですが、気に入ったバンドがあれば付け替える予定です。

装着してみた

ZenWatch 2 を装着してみました。

ZenWatch 2を腕に装着した

時計としては大きいですが、ウェアラブル端末として見ると許容範囲内です。また大きい時計が好きな人もいるので、1.63 インチもそれなりに需要があるはずです。

電源オン

ASUS のロゴ。

起動するとASUSのロゴが表示される

それなりに初期設定を終えて 1 日ほど使ってみたのですが、スワイプの感度は良く、動作にもほとんどストレスを感じませんでした。ディスプレイが大きいこともあって押しにくかったり押し間違えたりすることもありません。

ただ太陽光が直接当たる外では明るさを最大にしても画面が見づらいです。自分の体もしくは手で覆って日陰を作るようなことが必要になります。バイブレーションも気づかないほど弱くはないのですが、腕をふっていると気づきにくい感じではあります。

さいごに

ZenWatch 2 には他の Android Wear が備えている GPS や心拍センサーといった機能はありませんが、スマートフォンの通知を受け取ることを役目と考えると総合的に満足できます。

4、5 万円が相場になりつつある Android Wear 市場ですが、ZenWatch 2 は ASUS ショップでは 3 万円前後、Amazon.jp では輸入品が 2 万円以下で購入できます。Android Wear 初心者にとってはいい選択肢になるのでないでしょうか。

スポンサーリンク

スポンサーリンク