行き着く先はあんこ

イオンモバイル、29種類のプランでMVNOサービス開始

イオンモバイルがMVNO事業者として格安SIMを販売することを発表

古くから格安スマホに関わってきたイオンリテールが、2016年2月26日より自社がMVNOとして格安SIMイオンモバイルを提供することを発表しました。

29種類のプラン、格安スマホのみの販売、全国のイオン店舗でのサポートというイオンならではの強みが見られるMVNOになりそうです。

スポンサーリンク

イオンモバイルは変わる

イオンモバイルは変わる

イオンモバイルは今ではよく耳にする「格安スマホ」の火付け役であり、他のMVNO業者と協力して格安スマホとSIMのセット販売を行ってきました。

そんなイオンモバイルが今度はMVNO業者になり、格安スマホと豊富なプランのSIMを提供することになりました。

29種類のプランからライフスタイルに合わせた選択を

イオンモバイルは全29種類のプランから選べる

イオンモバイルでは全部で29種類のプランが用意されています。「音声プラン」「データプラン」「シェア音声プラン」の3通りから契約タイプを選び、高速通信量は500MB~50GBまでの選択肢があります。

高速データ
通信容量
音声
プラン
データ
プラン
シェア音声
プラン
0.5GB1,180円
1GB1,280円480円
2GB1,380円780円
4GB1,580円980円1,780円
6GB1,980円1,480円2,280円
8GB2,680円1,980円2,980円
12GB3,280円2,680円3,580円
20GB5,980円4,980円6,280円
30GB7,980円6,980円8,280円
40GB10,800円9,980円11,100円
50GB14,800円13,800円15,100円

イオンモバイルでは「データプラン」はデータ通信のみ、「音声プラン」はデータ通信と音声+SMSに対応したもの、「シェア音声プラン」は音声プランSIM1枚+データ通信SIM2枚のことを意味します。

また、SMS追加オプションは月額140円/回線で利用可能。シェアオプションでの音声追加オプション(SMS対応)は月額700円/回線から利用できます。

手数料は3000円、MNP転出料金は180日以内は8000円、それ以降は3000円です。

スタートアップキャンペーンで2GBが480円に!

イオンモバイルでは、2016年2月26日~2016年3月31日までに契約した場合、2017年3月までの月額料金や格安スマホ・ルータが特別価格になるスタートキャンペーンを実施しています。

  • 音声2GBプラン:980円(通常1,380円)
  • データ2GBプラン:480円/(通常780円)
  • イオンモバイル ARROWS M01:14,800円(通常29,800円)
  • イオンモバイル WiFiルータ Aterm MR04LN AB:19,800円(通常25,920円)

全国のイオン213店舗で販売・サポート

イオンモバイルは全国のイオン213店舗で販売・サポートされる

イオンモバイルは全国の213店舗で販売・サポートが受けられます。多くのMVNOが実店舗を持たない中で、気軽に行くことができる全国のイオン店舗がサポートセンターになるのはイオンならではの戦略です。

安心保証や電話サポートにも

イオンモバイルの手厚いサポート

使い方が分からない、セキュリティが心配、イオンモバイルで購入したスマホが壊れたなどに対するサポートも充実しています。

サポート月額料金
電話サポート300円
安心保証350円
セキュリティ150円
安心パック
(上記3つを合わせた)
600円

※「安心パック」は契約日から31日間無料

他のMVNOのいいとこが盛りだくさん

イオンモバイルは他のMVNOのいい機能を搭載している

使い切れなかった高速通信量は翌月繰越、高速通信のオン・オフ機能などの他MVNOで人気の機能がイオンモバイルにも実装されます。

さいごに

高速通信1GBプランではDMM.mobileの590円が業界最安値ですが、イオンモバイルが始まれば1GB 480円が最安値となります。

ユーザーとしては安いのは嬉しいのですが、高速通信の設備増資に間に合わず高速通信があまりにも遅いのはいただけないです。またイオンモバイルの通信速度やMVNEは公開されていません。

イオンモバイルは2016年2月26日から契約開始です。

ではでは!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す