行き着く先はあんこ

Twitterで特定ユーザーのツイートを自動で保存する方法

tweet-save-to-evernote

一般人であれ有名人であれ、ちょっとしたつぶやきを見ることができるTwitter。しかし、ツイートが削除されてしまうと、2度と見れなくなってしまいます。それじゃあツイートそのもの(画像込)を保存してやろうじゃないか、というのが今回の主な内容です。

今回は保存先にEvernoteを使用します。解説はAndroid端末で進めていきます。

スポンサーリンク

各サービスのアカウントを準備

今回のポイントである「自動」でツイートを保存するために3つほど準備することがあります。

  1. 自分のTwitterアカウント
  2. 保存先に使用するEvernoteアカウント
  3. IFTTTアカウント

各サービスの詳しいことは公式サイトから。

大まかな流れは、「特定ユーザーがツイート 」→「IFTTT作動」→「Evernoteに保存」という感じです。また各種アカウントは全てアプリからでも取得可能です。

Twitter
  • Twitter
  • 制作: Twitter, Inc.
  • 評価: 4.2 / 5
  • 価格: 無料

IF by IFTTT
  • IF by IFTTT
  • 制作: IFTTT
  • 評価: 4.2 / 5
  • 価格: 無料
Evernote
  • Evernote
  • 制作: Evernote Corporation
  • 評価: 4.6 / 5
  • 価格: 無料

IFTTTでレシピ制作

自動化するにあたってIFTTTでレシピ(何を自動化するのかを決めるもの)を作ります。

まずIFTTTにサインインして、画面右上の「丼?マーク」をタップした後、表示される右上の「+」をタップ。

右上の丼マークをタップ右上のプラスマークをタップ

次は右下の「+」をタップします。

右下のプラスマークをタップ

そして左側の水色の「+」。

水色のプラスボタンをタップ

次の画面で、並んでるアイコンを左にびゅーーっとスライドさせてTwitterアイコンを探して「New tweet by a specific user」を選択します。

「New tweet by a specific user」を見つける

自分のTwitterアカウントを入力したあと、「Username to watch」の欄に保存したいユーザーのtwitterアカウントを入力します。

保存したいユーザー名を入力

そして右側の赤い「+」をタップ。

右側の赤いプラスボタンで画面移動

同じようにアイコンをびゅーっとスライドさせてEvernoteのアイコンを探します。そして「Create image note from URL」を選択。

「Create image note from URL」を見つける

最後に「Finish」をタップしてIFTTTの設定は完了です。今後ツイートされると自動で保存されていきます。

「Finish」で設定を終わらせる

一応「My Recipes」に制作したレシピが表示されているか確認します。

レシピの確認

最後に

試しに1週間ほど動作確認してみたところ、特に不具合はありませんでした。Evernoteの保存容量も文章だけだと、ほとんど圧迫されません。

しかし、IFTTTが作動するまでにツイートが削除されてしまうと保存できないため、ツイートしたその瞬間に保存するにはもう少し工夫が必要みたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す