行き着く先はあんこ

UQコミュニケーションズ WiMAXに関する訴訟が6月10日に決着

UQコミュニケーションズに対するWiMAX訴訟問題

「ユーザーを馬鹿にし続けた『UQ WiMAX』に対する集団訴訟を起こしませんか?」

この一言から始まったUQコミュニケーションズ WiMAXに対する訴訟問題。WiMAX2+の速度制限が始まってから約1年を迎える2016年6月10日、ついに東京地方裁判所にて最終弁論が行われます。

今回は日本の通信業界に少なからず影響を与えるであろうUQ WiMAX訴訟問題について振り返りたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもUQ WiMAXとは

訴訟問題の前にまずUQコミュニケーションズが提供する「UQ WiMAX」とはどういったのもなのかを再確認します。

UQ WiMAXとは、回線工事が一切不要でルーターさえ持ち歩けば家でも外でも高速通信が可能になるサービスです。問題となるWiMAX2+の前身にあたる「WiMAX」は通信速度に関して完全無制限で利用できていました。UQコミュニケーションズもADSLや光回線の変わりになり得ることをアピールしていて、実際にそのように使う人も現れました。

そして今回の問題に発展した「WiMAX2+」とは、下り最大220Mbpsで通信ができる新サービスのことです。

ことの始まり 3日間3GB制限

ことの発端は2015年5月29、30日ごろのことでした。月間データ通信量制限なしとアピールしていたWiMAX2+に「3日間で3GB」制限が始まりました。制限時の速度は非常に遅く、だいたい800kbpsに達しないほどでした。

「ストレスから開放!」「制限なし」と大々的にアピールしていたUQコミュニケーションズに対する不満が大きくなった結果、WiMAX2+ユーザーの1人が「モバイル健全化への一歩」というサイトを立ち上げ、UQコミュニケーションズに対する訴訟にまで発展しました。

それぞれの主張

WiMAX2+ユーザー側は「契約時には制限されないと聞いていた」「そもそも制限について聞いていない」「データ通信無制限という広告は誇張しすぎ」という主張をする一方で、UQコミュニケーションズ側は「契約項目には制限についてかかれている」「月間通信量は無制限だが、通信速度については書かれてないので広告は間違いではない」とのことでした。

ちなみに当時UQコミュニケーションズがWebサイトに載せていた広告などは以下のサイトから魚拓として見ることができます。
リンクUQコミュニケーションズのWeb魚拓

WiMAX2+の現状は

UQ WiMAXの3日間3GB制限についての公式発表

NHKなどで問題が取り扱われたことによりUQコミュニケーションズは3日間3GB制限の速度を緩めることにしました。そのため現在の制限時のWiMAX2+は「YouTubeの標準画質動画をストレスなく見られるスピード」になります。だいたい8Mbpsです。

仮に今回の訴訟行為が無ければ、制限速度緩和はきっとなかったことでしょう。

6月10日 結審

モバイル健全化への一歩」によると、2016年6月10日10時から民事裁判の最終弁論が行われるとのことです。半年以上に渡る裁判をして、状況に変わりがなければこれをもって結審となります。

さいごに

今回はUQコミュニケーションズのWiMAXが問題となりましたが、過去には似た事件があり、これからも問題が起こる可能性は十分に考えられます。企業には企業の都合があると思いますが、今回の訴訟結果がどうであれユーザーが利用しやすい通信業界であって欲しいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す