行き着く先はあんこ

背面を使うという選択肢、YotaPhone 2はディスプレイを2つ持つ

なぜスマートフォンは前面ディスプレイしか持たないのだろうか。ゲームをするにも相手がいないとつまらない。片側しか印刷されてない本なんてもってのほか。耳も目も愛も2つで1つ。スマートフォンだってそうあるべきだ。ーー背面にもディスプレイを備えたスマートフォンを作ろう。

スポンサーリンク

YotaPhone 2

YotaPhone 2は2014年末に発売されたロシア発のスマートフォンです。その最大の特徴は、誰もが驚くであろう背面に備え付けれれているE-Inkディスプレイです。画面切り替え時のみしかバッテリーを消費しないため、ディスプレイを使い分けることで長時間の使用が期待されます。最近ではKindleを初めとするE-Inkディスプレイを搭載した様々なデバイスが登場していますが、E-Inkスマートフォンは今でもYotaPhoneの代名詞です。

また、今回購入したのはロシアのオリジナル版YD201ではなく、安値でばらまかれている中華版YD206(開封後に公式ROMへ変更)です。対応バンドに違いがあります。

モデル番号YD206
OSAndroid 4.4.3(32-bit)
ディスプレイ5.0インチ:1920×1080
E-Inkディスプレイ4.7インチ:960×540
リフレッシュレート:0.12 sec
CPUQualcomm Snapdragon 800 Quad core 2.26GHz
GPUAdreno 330
RAM2GB
内部ストレージ32GB
外部ストレージ拡張不可
バッテリー2500mAh
3GWCDMA 850/900/1900/2100MHz
4GFDD-LTE 1800/2100MHz
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.0
SIMサイズnanoSIM
カメラメイン:8MP AF, LED Flash
イン:2.1MP

魅せる化粧箱

高級感あふれる重厚感満載のYataPhone 2の外箱。

YotaPhone 2の外箱

YotaPhone 2の外箱に描かれているライオンBEST of MWC 2014

マグネットで閉じられていて、PataPataと開くと、

YotaPhone 2の外箱のギミック

YotaPhone 2が現れます。

YotaPhone 2の全体

同梱物

同封されていたイヤホンとSIMピンと充電ケーブル

今回購入したものには

  • イヤホン
  • USB充電ケーブル(microUSB 2.0)
  • SIMピン
  • 充電アダプタ
  • 取扱説明書

が入っていました。イヤホンや充電ケーブルは珍しいデザインをしているのでこれだけでも楽しめそうです。一通りのものが入っているためすぐに使い始めることもできます。

本体

メインディスプレイは5インチというよくある大きさでもあり、前面からの見た目では至って普通のスマートフォンです。

YotaPhone 2

右側面には電源ボタンと音量ボタンがあります。音量ボタンはSIMトレー(nano)も兼ねており、耐久面に不安はありますがすっきりしたデザインです。

SIMスロットを兼用した音量ボタン

側面上部左側にイヤホンジャック、下部中央にはスピーカーとUSBポートがあります。

イヤホンジャックスピーカーと充電ポート

全体が丸みを帯びてるためホールド感があります。手に持つと、親指の位置に電源ボタン、ボリュームボタンが配置されているのは高ポイント。

アプリ

YotaPhone 2(YD206)のホーム画面とドロワー。中華アプリがプリインストールされています。約半分は削除不可ですが、全体的に数は少なめ。Google関連アプリはインストールされていません。

YotaPhone 2のホーム画面YotaPhone 2のドロワーYotaPhone 2のドロワー

約25GBのストレージが使えます。現時点のYD206最新バージョンはAndroid 4.4.3。

ストレージ端末情報実行中のアプリ

E-Inkディスプレイ

YotaPhone 2のアイデンティティであるE-Inkディスプレイです。

YotaPhone 2のE-Inkディスプレイで時計を表示

E-Inkでゲームをプレイ音楽プレイヤーのE-Ink

自由に壁紙が設定できるメインの「YotaCover」、時計やカレンダーなどの独自ウィジェットが設置可能な「YotaPanel」があります。音楽プレイヤーや電子書籍ウィジェットも搭載されています。これらは専用アプリ「YotaHub」を使うことでカスタムできます。プリインストールされていたゲームアプリもE-Ink側でプレイできます。

YD206の最新バージョンはAndroid 4.4で止まっていますが、YD201(RU)のROMを焼くことでYotaPhoneのE-Inkディスプレイはさらに進化します。これらについては別記事でまとめる予定です。

YotaMirror

YotaMirror

YotaPhone 2は、メインディスプレイ側の内容をE-Inkディスプレイ側で表示することができます。

もちろん動画も再生することができ、魔法学校の新聞を見ているかのような錯覚が楽しめます。ただ、レスポンスは非常に悪く2テンポほど遅れます。そのため読み物が主な使用となりそうです。E-Inkの特性上、太陽光下でも完璧に文字を認識できる点も読書との相性バツグンです。

バッテリー

E-Inkは画面の切替時のみに電力を消費します。そのため、E-Inkディスプレイ使用時のバッテリー持ちはダントツです。公式サイトによれば、読書は100時間、マップ使用は18時間バッテリーが持つとのこと。また、「YotaEnergy」と呼ばれるバッテリー節約機能も長時間使用に役立ちそうです。

残念なことに、通常のディスプレイを使う場合、バッテリーはGoriGori減っていきます。

カメラ

夜間、室内での撮影はかなり難しいものがあります。スワイプで簡単に操作できるのですが、使おうという気持ちにはなりません。

また、シャッター音はマナーモードなどで消すことができます。レーザービーム発射時のような音なので聞くおもしろさはあります。

さいごに

発売から約2年が経ち、ネットショップでは投げ売り状態です。WebやSNSなどは問題なく使用できまが、2016年の現在においてはハイスペック端末とは言いにくく、高負荷アプリの動作には不満が残ります。

スマートフォンの性能も頭打ちになり、オリジナリティが問われつつある今、YotaPhoneはその独自機能によって他スマートフォンと十分差別化できているのではないでしょうか。2017年に発売が期待されている後継機も、ぜひ独自路線を突っ走ってもらいたいものです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す