行き着く先はあんこ

YouTubeアプリで視聴履歴と検索履歴を一時的に停止して残さない方法

youtube-pause-history

YouTubeで動画を視聴したり検索したりすると、履歴としてそれらが残ってしまいます。誰にも見られたくないものってきっとあるはずです。

そこでYouTubeアプリで少しだけ設定を変更すると、一時的に視聴履歴と検索履歴を保存しないようにすることができます。ブラウザでいうところのシークレットモードみたいな機能です。

今回はこの機能の設定方法を紹介します。

スポンサーリンク

履歴機能を一時停止させるよ

まずYouTubeアプリを起動して、右上のアイコンから「設定」と進みます。

youtube-pause-history2youtube-pause-history1

「プライバシー」をタップ。

youtube-pause-history3

表示されたトグルスイッチで一時的に保存しない設定をオンにすることができます。

youtube-pause-history5

オススメの動画に表示されなくなる

YouTubeには視聴履歴から「あなたへのおすすめ」動画が表示されるようになってます。少しだけ見た動画(あまり興味がないもの)も同じように表示されるので、お節介なときもあります。

しかし、一時的に履歴を保存しない状態で見た動画に関係するものは、おすすめ動画にも表示されません。

さいごに

上手く使えば、普段YouTubeでの動画視聴がはかどること間違いなしの機能です。

気をつけたいのが、履歴に残らないため、もう一度見たくなった動画が分からなくなることです。用が終わればオフにしておくのが無難です。

ではでは!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す