行き着く先はあんこ

ZenWatch 2(WI501Q)にはスピーカーがあり単体で通話が可能

ZenWatch 2のダイヤル画面

ASUSから発売されているZenWatch 2(WI501Q)にはスピーカーが内蔵されています。

そしてAndroid Wear 1.4のアップデートによりスピーカーを内蔵しているAndroid Wear端末はスマホを使わなくても単体で通話ができるようになりました。

ということで今回はZenWatch 2で通話する方法や感想ついてまとめます。

スポンサーリンク

ZenWatch 2のみで通話する

通話する際にZenWatch 2を繋いだ母艦となるスマホは、同じくASUSから発売されているZenFone 2 Laserになります。

電話の仕方

ZenWatch 2から通話するには、まず「電話」アプリをタップしてスマホに登録されている連絡先を表示させます。そしてこの中から選んで電話をかける、もしくは電話番号を直接入力して通話します。

Android Wearの電話アプリAndroid Wearに連絡先が表示されているAndroid Wearのダイアル

通話中のZenWatch 2の画面はこんな感じです。ダイヤルパッドや通話をミュートにするなど一般的な通話で使える機能があります。

ZenWatch 2の通話中の画面ZenWatch 2の通話オプションZenWatch 2の通話中のダイアル画面

スピーカーの切り替え可能

個人的におもしろいとおもった機能は、母艦のスマホ側からスピーカーの変更ができることです。

ZenFone 2 Laserの通話中の画面スマホ側でスピーカーを変更できる

スマホ(ZenFone 2 Laser)側では「スピーカー」「携帯端末のイヤホン」「Bluetooth」という3つの設定が選べて、それぞれ「スピーカー」だとスマホのスピーカーから、「携帯端末のイヤホン」だとスマホの受話口から、「Bluetooth」だとZenWatch 2から音がでるようになります。

つまり、始めはZenWatch 2で通話していて、途中から「携帯端末のイヤホン」に変更してスマホで通話するといったことが可能です。

電話の音質

ZenWatch 2での通話は、声をよく拾うので特に問題はありませんでした。ただ、スマホでの通話に比べて声が抜けるような違和感はあります。

またZenWatch 2のスピーカーからの音に関しては、ノイズが少し入る程度で聞きづらくなることはありませんでした。スピーカー音量を最大にするとかなりうるさくなるので音が小さくて困ることもありませんでした。

単体で通話できるAndroid Wear端末

2016年4月現在、スピーカーが内蔵されていて単体で通話ができるAndroid WearはASUSから発売されているZenWatch 2(WI501Q)と、Huaweiから発売されているHuawei Watchの2種類のみです。

Android Wearの代表でもあるMoto360は1st、2ndどちらもスピーカーは搭載していません。またZenWatch 2にはサイズ違いがあり、1.63インチの大きい方のみスピーカーがあります。1.45インチの小さい方はありません。

つまり通話を目的にAndroid Wearを選ぶのであれば、ZenWatch 2(WI501Q)かHuawei Watchの2択になります。

さいごに

自分がZenWatch 2(WI501Q)を購入した理由にスピーカーの有無がありました。

どうのように思うかは人それぞれですが、スマホを使わずに腕時計だけで通話できるのはかっこいいと個人的には思ってます。少なくともマイク付きイヤホンで通話するよりかはイケてると思っています。

ただ使ってみて分かったのはAndroid Wear端末で通話する機会はそれほどありません。家でいる時はスマホを使えばいいし、手が離せない家事をするときにはそもそも身につけていません。自転車や車の運転中には活躍できそうですが、ハンズフリー通話が禁止されている都道府県もあるようなのでいまいちです。

しかし今後のAndroid Wearでの通話に関しては期待することもできます。LINE電話など通話アプリのメジャーどころがAndroid Wearに対応すれば、使い道も増えるのではないでしょうか。

レビューその1ZenWatch 2を購入しました。開封と外見レビュー

レビューその3ZenWatch 2のバッテリー事情、1日は余裕で使えるが2日目は少し心配

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す