行き着く先はあんこ

300円で作るZenWatch 2の自作充電スタンド

300円で作れるZenWatch 2の自作スタンド

ZenWatch 2を充電するには付属の専用マグネット充電器を使います。

しかしZenWatch 2の充電部分は裏側にあるので充電すると本体を裏側にする、もしくは段差を作らないとマグネット充電器が外れやすくなってしまいます。

そこでこの問題を解消するためにZenWatch 2充電の専用スタンドを作りました。300円でできます。

スポンサーリンク

ZenWatch 2の充電スタンド

ZenWatach 2専用の充電スタンドを作るにあたってゴムマットを使ってスタンドを自作しているサイトを参考にさせてもらいました。

スタンドの材料

100円均一で購入した車用スマホスタンド段差がある耐震ゴムパッド

今回のZenWatch 2の自作スタンドには、車用スマホホルダーと耐震ゴムパッドを使います。

スマホホルダーは百円均一で108円で購入しました。スタンドが安定していて角度調整ができるのがポイントです。耐震ゴムパッドはホームセンターで100円で購入しました。表面が平らなゴムパッドより段々状になっている方が充電器をはめやすいのでおすすめです。

ここまでの材料2つ合わせて208円です。この他にテープ等を使いますがタイトル通り300円で自作スタンドが作れます。

加工・組み立て

まずゴムパッドの隙間にマグネット充電器が挟まるようにカッター等で削ります。そのあとコードが通りやすいようにパッドの横を切り取ります。

ゴムパッドにマグネット充電器が塡まる様に削りとる

充電器が挟まることを確認します。あまり削り過ぎると簡単に外れてしまうので注意が必要です。

さいごにゴムパッドをスマホスタンドにテープ等で貼り付けたら自作充電スタンドの完成です。

300円で作ったZenWatch 2の自作充電スタンド自作スタンドの横姿

実際に使ってみる

実際にZenWatch 2を自作スタンドを使って充電するとこんな感じになります。

自作スタンドにZenWatch 2をのせてみる前側に垂れるバンドが邪魔

300円で作れる割に見た目は悪くないので満足しています。スタンドの角度を付けても耐震ゴムが滑り止めとして働くのでいい感じに仕上がりました。

ただスタンドが低いため前側に垂れるバンドが邪魔になるのが唯一の不満点です。今後スタンドを高くできるなにかに出会えれば改良したいと思います。

さいごに

自分以外にもZenWatch 2の充電方法に不満に感じている人はいるはずです。Amazon.comではApple Watchのスタンドに取り付けてつかうアダプタが売られていますが、一式揃えようとすると3000円程かかります。

見た目を重視するのであれば購入すべきです。しかし、最低限使えればいいやの精神であれば自作スタンドDIYに挑戦してみてはどうでしょうか。

ではでは。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す