行き着く先はあんこ

毎月500MB未満は無料のSIM付きデジモノステーション2月号購入しました

0SIM付きデジモノステーション2月号を購入しました

12月25日発売のデジモノステーション2016年02月号を購入しました。

この雑誌の目玉は手数料と毎月500MB未満の通信料がずーっと無料になるSIMが付いていることです。

今回はこの目玉SIM(以降0ゼロSIM)を使うまでのことについてです。

スポンサーリンク

500MB未満がずーっと無料!?

一般的に格安SIMは使わなくても、毎月一定料金は必要です。しかし、0SIMは毎月499MBまではずーっと無料という夢のようなプランで運用することができます。

さらに事務手数料も無料ということなので、雑誌の620円(税込)のみが実質必要な経費です。

通信料と契約、注意事項

通信料は499MBまでは無料です。その後は100MBごとに100円追加され、2GB以降は一律1600になります。

また、5GBを越えると速度制限により200kbpsの低速通信になります。

基本的には一人1契約(クレジットカード必須)のみ、2月24日までにSIM契約する必要があります。

気を付けたいのが自動解約です。3ヶ月間0SIMでの通信がなければ、自動で契約解除されてしまいます。契約維持するためには定期的に通信しなくてはいけません。

通信できるように設定するよ

0SIMで通信できるように設定していきます。

雑誌の表紙をめくったところに付いてる0SIMを取り出します。

デジモノ2月号に付いてくる0SIM

裏に電話番号とパスワードが書かれています。契約するときに必要になります。

SIMの台紙の裏に電話番号とパスワードが書かれている

台紙から0SIMを切り取り、スマホ本体に挿入。ちなみちSIMはnanoサイズです。

0SIMをスマホ本体に入れたところ

「設定」→「その他の設定」→「モバイルネットワーク」と進みます。

設定項目の「その他の設定」その他の設定の中の「モバイルネットワーク」

次に「アクセスポイント名」をタップした画面の右上から0SIMのAPNを追加します。

モバイルネットワーク設定の中の「アクセスポイント名」右上の「+」からAPNを追加する

入力内容は以下の通りです。

ネットワーク名so-net
APNso-net.jp
ユーザー名nuro
パスワードnuro
認証方式/タイプPAPまたはCHAP

APN画面で追加した「so-net」を選択します。

so-netのAPNを選択する

APN追加後、通知バーに「ネットワークにログイン」という通知が来るのでタップして0SIM契約画面に移動します。

通知バーからネットワークログイン画面にアクセス

ブラウザから以下のリンクで直接移動することもできます。

リンクhttp://lte.so-net.ne.jp/r/0sim/a/

ここではまずユーザー情報と、台紙の裏に書かれているSIM電話番号とパスワードを登録します。

ユーザー情報登録画面SIM台紙の裏側の電話番号とパスワード入力画面

最後にクレジットカードを登録します。登録はクレジットのみ利用可能です。

クレジットカードの登録画面

これで0SIMで通信できるようになりました。

so-netの0SIMで通信できるようになりアンテナがたった

速度はどれくらい?

0SIMの運営元はso-netなので、通品品質はso-netと同じくらいです。

実際に測定したところ、12月25日新宿駅22時ではこんな感じでした。

新宿駅付近での0SIMの通信実測値

測定回数は1回です。

格安SIMの通信速度を測ってるサイトもいくつかあるので、気になる人はそちらを参考にしてみてください。

リンク格安SIMの速度を計測!最新情報を随時更新!|MVNOナビ!

リンク【随時更新】格安SIM・格安スマホの実効速度比較ランキング|格安SIM比較❘通話プラン・データプラン別おすすめMVNOと機能・価格比較

さいごに

普段雑誌なんて買わないのですが今回は0SIMにつられて買いました。雑誌の特典ではなく、おまけの雑誌くらいに考えています。

毎月の維持費が0円というのはなかなか面白いプランですが、自動解約には気を付けないといけません。

ずーっと無料ということなので、いつまでこのサービスが続くのか分かりませんか、今後0SIMを堪能していきます。

デジモノ2月号は書店・コンビニ等で購入できます。気になる人は売り切れる前に購入しておきましょう!

ではでは!

12月26日現在、Amazonでは3倍の1850円で売られています。書店・コンビニに行きましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す